宝石庭園 信玄の里

TEL 055-263-6884 年中無休
AM 11:30〜 PM 2:30 (L.O.)

宝石庭園 信玄の里/Jewelry Garden

響の里に隣接する日本最大級の宝石庭園です。お食事と合わせて見学・お買い物をお楽しみいただけます。
営業時間:AM 8:00 ~ PM 5:00 (入園4時30分迄)
宝石庭園入園料:大人 800円 小人 400円 団体 700円
※団体様(15名様以上)はご予約下さい。

「宝石庭園 信玄の里」と「風林火山 響の里」は隣接しています。
  • 「宝石庭園 信玄の里」1,000坪もある日本庭園をご覧ください。
  • 「水晶資料館 伝承館」と「売店」です。
  • 「お土産処 甲斐路屋」山梨土産はこちらでお買い求めください。
  • 甲州エンタメレストラン「風林火山 響の里」
  • 高さ6.4メートルの武田信玄像
宝石庭園 写真1

神秘の洞窟を抜けるとそこは庭一面に敷きつめられた宝石が織り成す光り輝く日本庭園。
約1,000坪に及ぶ光輝く日本庭園は、みごとに和と洋がおりなす、優美な園。
ここはゆっくりとした時間が流れ、日頃のストレスを癒してくれるでしょう。絢爛優美な宝石庭園は一見の価値があります。

宝石庭園 写真2
宝石庭園 写真3
宝石庭園 写真4
宝石庭園 写真5
宝石庭園 写真6
宝石庭園 写真7

春は櫻の花が庭園を咲き乱れ、夏は木の葉が青々と生い茂り、秋はイチョウが色付き、冬は庭園の滝が風情に流れ落ちます。
庭園内の大木化石は悠久の時を経て四季折々の木々と見事に調和しております。四季折々に違う顔を見せてくれる宝石庭園は見どころ満載です。

山梨の地場産業 水晶研磨・宝石の街

石英(Quartz)の中でも無色透明なものを水晶と呼びます。

石英は地殻の二割を占め、火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれます。面角一定の法則といって結晶面同士の成す角度は結晶に固有で、結晶の成長する方向が非等方向的であっても、一定である法則をもっております。
(水晶の場合は120°で隣り合わせており柱面錘面の角度は51.8°になります。)

日本では水晶は国石に指定されております。古より大切にされており、古墳からの出土品に多く見られます。神や仏の代わりにもされていたそうです。 平安時代には不老長寿の薬として使用したという記録も残っております。

山梨には世界有数の水晶鉱山があり、周辺ではごく自然に水晶加工文化が生まれ、発達しました。
水晶製品は山梨の特産品として日本中に認知されるようになり、その技術を基にして山梨は日本一の宝飾の町に発展しました。
御岳昇仙峡の奥地金峰山で水晶の原石が発見されたことが、甲府での水晶細工の起源といわれ、江戸時代に京都より職人が呼ばれ金剛砂を用いて鐡板上で水晶を磨く事を伝えたとされています。
江戸後期になると国内向け以外に、諸外国に輸出用としても加工されていきました。
明治初期に甲府に勧業場が設けられ、加工道具なども発達し、水晶玉や水晶の置物に加え、宝飾用の水晶のカットも始められました。
昭和には、研磨技術が大躍進を遂げ、ネックレス、ペンダント、など様々なものがつくられるようになってきました。
現在においては、国内最大の宝飾産地「山梨」の発展を支える原動力となっています。
水晶産地は国内にいくつかありますが、山梨県が有名なのは産出量と品質の良さが理由です。

山梨の地場産業 水晶研磨・宝石の街